横浜で保険の相談ができる保険の窓口・保険診療所。インターネットでお申込みができる保険も。無料相談もできるので安心。

  • 資料請求
  • 予約
  • お問合せ
  • ご契約者様専用フリーダイヤル 0800-800-8824 電話受付時間:平日・土日祝9:00 -18:00
  • ご予約・ご相談はコチラ。携帯からもOK!0120-633-122電話受付時間:平日・土日祝9:00 -18:00
  • 電話相談
  • 資料請求
  • 予約
  • お問合せ

旅行保険(国内・海外)

旅行保険

旅行保険とは

自宅を出発してから帰宅するまでの間を補償期間とした、主に旅行先での病気やケガの治療費、他人にケガを負わせたり、他人の物品を壊した場合の賠償責任、カメラや衣類などの携行品の破損・盗難などを補償する保険です。
旅行先によって、海外旅行保険と国内旅行保険に分けられます。


海外旅行保険の場合

海外旅行保険の場合、渡航先の治安や食べ物・気候の違いなどによって、盗難、急な病気などのトラブルに巻き込まれる可能性もあり、万が一に備え事前に保険を検討される方が多いようです。



国内旅行保険の場合

「国内旅行」に関してはある程度の人数での団体の場合に主催者が加入することが多いみたいです。行事中に参加者がケガを負ってしまったり、他人やその財物に損傷を与えた場合の賠償に備えたりというものになります。
旅行に行くためにご自宅を一歩出た時から帰宅するまでの補償になっています。 個人で国内旅行に行かれる方は他の保険でカバーできる場合が多いので、加入する確率は低いですが、「海外旅行」の場合は加入する方がかなり多いのではないでしょうか。その主な特徴や補償を下記に記載してみました。



海外旅行保険と国内旅行保険の補償内容の違い

旅行先の違い以外に、海外旅行は病気の治療が対象となることがございますが、国内旅行はほとんどの商品で対象外となることです。
対象になる場合でも旅行と病気の因果関係がはっきりしませんと対象にはないケースがありますので注意が必要です。
また「航空機欠航・着陸地変更費用特約」は、賠償責任や携行品損害・救援者費用などの特約に比べ、国内旅行保険では対応している保険会社は少ないようです。

資料請求資料請求
予約予約
お問合せお問合せ

海外旅行保険の一般的な補償内容

(補償内容、特約は商品により異なりますので、個別お問合せ下さい。)

種類

概要

ケガによる死亡や後遺障害の補償

旅行中の偶然の事故等で死亡されたり、後遺障害が残った場合に支払われる。

治療費用

 海外旅行中に急な病気やケガ等で入院や手術をした場合に保険金が支払われます。これを理由に加入される方が多いのではないでしょうか。
 海外では日本国内のように3割負担ではないです。また、救急車に乗るのも有料の地域も多くあり、医療費自体が結構高額になってきます。
 例えばハワイで盲腸により短期間の入院と手術の場合でも医療費は200万円を超えてきますし、もしICUに入るようなことになれば桁が違ってきて日本で家が買える様な金額になってきます。

救援費用

これはケガや病気で旅行先から日本への移送が必要となった場合や、登場した航空機が行方不明になった場合に親族が現地へ行くための航空機費用や宿泊費用等を払います。

賠償責任保険金

旅行中に法律上の損害賠償責任を負った場合に支払われるものです。

携行品損害

携行品(バッグ・カメラ・時計塔)が偶然の事故により損害を受けた場合に支払われます。

旅行事故緊急費用保険金

予期せぬ偶然な事故により負担をせざるを得なかった交通費・宿泊費等を支払います。

航空機預託手荷物遅延等費用保険金

航空会社に預けた手荷物が、目的地への到着が6時間以上遅延し、到着後96時間以内にやむを得ず購入した衣類や生活必需品の費用を支払うものです。

航空機遅延費用保険金

航空機の6時間以上の遅延や欠航、着陸地変更で6時間以内に代替機を準備できない等の時に宿泊費や交通費を支払います。

海外赴任や海外留学

海外旅行時に必要となるのはもちろん、海外赴任や海外留学など長期間の場合にはそのための保険もあります。
ただ、海外赴任に関しては会社側が用意している場合が殆どだと思います。

今ではクレジットカードやツアーに関しては旅行のプランに補償が付加されていますが、その限度額を理解したうえで、それで足りるのかどうかを考えて加入検討することをお勧めします。

国内旅行保険の一般的な補償内容

(補償内容、特約は商品により異なりますので、個別お問合せ下さい。)

種類

概要

傷害治療費用

旅行先での偶然なケガの治療費等(通院・入院・手術他)のための補償です。

傷害死亡・後遺障害

旅行中のケガにより死亡した場合や、後遺障害が生じた場合のための補償です。

救援者費用

旅行中にケガで入院し、家族が現地に駆けつけた場合の費用のための補償です。

賠償責任

旅行中に誤って他人にケガを負わせたり、他人の物を壊したりしたことにより、法律上の賠償責任を負った場合のための補償です。

携行品損害

旅行中に身の回りの持ち物が盗まれたり、壊れたりした場合のための補償です。

資料請求資料請求
予約予約
お問合せお問合せ

旅行保険の選び方

様々なリスクを補償する旅行保険ですが、旅行代理店経由で申し込んだパックの旅行やクレジットカードの付帯など意識せずに加入していることもあります。
無駄な保険加入にならないように、知らないうちに加入していないか確認しましょう。
未加入だった場合は、以下の旅行保険選びの5つのポイントをご参考ください。

旅行保険の選び方

旅行先・日数でオーダーメイドで選ぶ

クレジットカード付帯の保険や旅行付帯の保険だと、補償に過不足があることがあります。
ご自身でお選びになるのであれば、旅行先・日数でオーダーメイドで保険を選べる方がお客様にあった保険を選ぶことができます。

インターネットで加入する

旅行保険は、空港にある自動引受機や受付カウンターで加入することも可能ですが、インターネットで加入する方が保険料を安く抑えることができる場合があります。
空港で加入できる保険の多くはさまざまな補償内容がセットされている商品であることがあり、安心な反面、契約者様によっては、不要な補償もセットされている場合があります。
インターネット申込でも、出発前であれば当日加入できる保険会社も多くあります。空港で並ぶことなくスマートフォンでも簡単に加入することができます。

旅行の目的で選ぶ

一般的な観光での旅行は対象となりますが、お仕事での駐在や、留学・ワーキングホリデーなどで海外に行かれるケースございます。
こうした場合保険商品によっては加入できないケースもありますので、観光以外の目的の場合は加入できるかの確認をしましょう。

申込人数で選ぶ

カップルや家族、大人数でのご旅行の場合は、まとめて同じ保険会社にお申込みしたほうが割安になる保険会社もございます。
どの程度の割引があるかなどご確認することで、保険料の節約になることもございます。

付帯サービスで選ぶ

賠償責任を問われる事態になった場合、賠償責任特約以外に、弁護士費用特約や示談サービスなどがあると、万が一の際、ご自身の経済的・精神的負担も軽減されます。
また、ケガや病気などで旅行先にある病院で治療を受けなくなった場合、特に海外ですと高額な医療費の場合もあり、医療費の建替えとなると大きな出費となります。
こうした場合に備え、キャッシュレスの提携病院を紹介してくれるサービス付帯の保険が安心です。さらに海外の病院では日本語が通じないケースもあり、日本語対応可能な病院の紹介があるとさらに安心です。

5のポイントを踏まえピッタリの保険をお選びください。

資料請求資料請求
予約予約
お問合せお問合せ

おすすめの旅行保険

aiu

損保ジャパン
新・海外旅行保険off!

aiu

AIG損保
海外旅行保険オンライン契約サービス
 

aiu

AIG損保
国内旅行保険オンライン契約サービス
 

ホームページでは当社取扱保険会社の中でも、ネット加入可能な商品のみリンクを掲載しております。
他の会社の保険商品をご希望の場合、お手数ですが弊社までご連絡をお願いいたします。

 

詳しく検討したい方はこちら

資料請求資料請求
予約予約
お問合せお問合せ
ご契約者様専用フリーダイヤル 0800-800-8824 電話受付時間:平日・土日祝9:00 -18:00 ご予約・ご相談はコチラ。携帯からもOK!0120-633-122電話受付時間:平日・土日祝9:00 -18:00